【初心者必見】MetaMaskにカスタムRPCを設定する方法

Cryptocurrency

NFTの売買も少しずつ盛んになってきて、NFTを売るクリエイターさんも増えてきました。

多くのNFT初心者はPolygonのOpenSeaから売り始めるでしょう。

その場合の売上はPolygonウォレットに入ります。

売上のETHを日本円に換金する場合、
MetaMaskをPolygonに接続し、ブリッジという機能を使ってETHをPolygonからイーサリアムに移さないといけません。

さらに今後、売上がある程度の金額になってくると、DeFiで仮想通貨を運用することも選択肢に入ってきます。

仮想通貨をDeFiで運用する代表的なプラットフォームにPancakeSwapやBiswapがありますが、運用資金を移すためにはMetaMaskをBSC(Binance Smart Chain)に接続しなければなりません。

このようにMetaMaskを他のブロックチェーンネットワークに接続しないといけないケースは必ず出てきます。

というわけで今回は、
MetaMaskをほかのブロックチェーンに接続する「カスタムRPC」設定について説明します。

この記事でわかること

  • RPCとは
  • カスタムRPCの設定方法

MetaMaskにカスタムRPCを設定する方法

RPCとは


RPCとは「Remote Procedure Call」の略で、直訳すると「遠隔で呼び出す手続き」となります。

ざっくりいうと、あるプログラムからネットワークなどを経由して別のプログラムを呼び出してその機能を使うための技術のこと。

MetaMaskは、必要に応じてほかのブロックチェーンネットワークを追加できるように作られています。

この機能を使うと、
イーサリアムとは別のブロックチェーンに仮想通貨を移して、その仮想通貨の管理や送金、通貨のスワップ(トレード)などができるようになるのです。

ここで詳しい説明はしませんが、
「イーサリアム互換のさまざまなブロックチェーンでMetaMaskの機能を使うための設定」だと、理解しておくといいでしょう。

代表的なRPCネットワーク

NFTやDeFiで必ず触ることになる代表的なRPCネットワークといえばこの2つ。

  • Polygon(Polygon mainnet)
  • BSC(Binance Smart Chain)

Polygon(Polygon mainnet)


画像引用元:https://polygon.technology/about/

Polygonとは、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決するために作られたイーサリアム上で動くブロックチェーンの技術基盤のこと。

Polygonはイーサリアムの上に構築されたレイヤー2ソリューションのひとつで、以下のような特徴があります。

  • PoSによる非常に安価で迅速な処理が可能
  • イーサリアムとの資金移動が可能

Polygonを使うことで、高速かつ低コストでさまざまなブロックチェーンサービスが提供できるのです。

BSC(Binance Smart Chain)


画像引用元:https://academy.binance.com/ja

BSC(Binance Smart Chain)とは、Binanceという仮想通貨取引所の基盤であるBinance Chain互換性を持ち、スマートコントラクトを実装するために作られた独自のブロックチェーンのこと。

BSCはレイヤー2ではなくスタンドアローン型のブロックチェーンで、以下の特徴があります。

  • イーサリアムとの高い互換性
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムによる安価で迅速な処理が可能

BSCはイーサリアムと高い互換性があり、アプリケーションの移植が簡単に行えるという利点があります。

PancakeSwap(BSC)はUniSwap(イーサリアム)のハードフォークとして作成されました。

DeFiの分野においてBSCで展開されるサービスは、ガス代(手数料)が安いため人気があります。

MetaMaskにカスタムRPCを設定する方法

それではカスタムRPCを設定する方法を紹介します。

ネットワークの種類に関わらずやり方は同じ。
①MetaMaskの画面上部にあるイーサリアムメインネットから ➤ カスタムRPCを選択

②ネットワークに応じた設定値を入力
入力する情報は5つ

  1. ネットワーク名
  2. 新規 RPC URL
  3. チェーンID
  4. 通貨記号(オプション)
  5. ブロックエクスプローラーのURL(オプション)

Polygon(Polygon mainnet)のカスタムRPC設定

まずはPolygon。

Polygonに接続するにはネットワークの追加画面で以下の内容を入力します。

ネットワーク名 Polygon mainnet
新規RPC URL https://polygon-rpc.com/
チェーンID 137
通貨記号(任意) MATIC
ブロックエクスプローラーのURL(任意) https://polygonscan.com/
【2021/12/01追記】
公式によると最近ネットワークアドレスが変更されたとのこと。
古いアドレスでもつながりますが、常に最新の情報を確認するようにしましょう。

また、たまにうまくつながらない場合があります。その場合は「新規RPC URL」を以下のアドレスで試してみてください。

  • https://rpc-mainnet.matic.network
  • https://matic-mainnet.chainstacklabs.com
  • https://rpc-mainnet.maticvigil.com
  • https://rpc-mainnet.matic.quiknode.pro
  • https://matic-mainnet-full-rpc.bwarelabs.com

内容を確認してして保存するだけでOK。

間違った内容を入力しないよう注意が必要です。

BSC(Binance Smart Chain)のカスタムRPCの設定方法

上記①のカスタムRPCを選択までは同じです。

ネットワーク情報入力画面で以下の内容を入力

ネットワーク名 Binance Smart Chain
新規RPC URL https://bsc-dataseed.binance.org
チェーンID 56
通貨記号(任意) BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意) https://bscscan.com/

内容を確認して保存するだけでOK。

まとめ

「カスタムRPC」として、Polygon(Polygon mainnet)BSC(Binance Smart Chain)に接続する方法を紹介しました。

特にDeFiでの仮想通貨運用に必須の内容なので、ぜひこの記事を参考に設定してみてください。

以上です。
参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました